010010111010111011
11101011001110100101101
110100101000101110101
110100101101100110101101
010010111010111011

r423.jp

Kansai.pm 第9回ミーティング - 2008/05/31(Sat) 00:00:00
keyword: computing

Kansai.pm 第9回ミーティングに出席してきたよ!理由は2つ.年度始めの書類書きが落ち着いてきたってのと,場所が近所だったから.
以下,箇条書き

  • Perl 5.10
    • 5.9からどう変わったの?
    • featureプラグマとか便利だよ
    • 後方互換のない修正が若干あるぜ(pack()とかuppack()とか)
    • Perlを普段書き慣れていないから良くわかんなかった.が正直な感想

  • 脱KENT様方式
    • KENT様って誰?(Perl本の有名な著者らしい
      • 非オブジェクト指向
      • TESTコードがない
      • ソースコード=設定ファイル
      • 例外処理がない
      • CPANも利用しない
      • Perl4方式らしい
      • これらを総じてKENT様方式と呼んでた
    • これらを脱出するには本を読めよ(O'railly本)ってのが結論
    • 聴衆は,Perl初心者を脱した人(質問されたら"まずググれ"というような人)を想定しているらしい
    • たぶんPerlの構文とかはある程度理解した段階で,でもオブジェクティブにソースが書けない,しかも後輩とかの面倒はみないといけない人を聴衆としているみたい
    • KENT様方式の特徴を挙げた割に問題が少なかった.ソースコードが設定ファイルにしているとセキュリティ的にマズいとか,意味が良くわからなかった

  • 人工無脳界隈とうしの紹介
    • タイトルの付け方が変("とうし"の紹介かと思った)
    • 本当に人工無脳"うし"の紹介に留まっている
    • ようはIRCやらのchatbot
    • データ構造とかの話は皆無(そこが一番聞きたかったのに・・・)
    • 人工無脳エンジンは辞書をもっている
    • ユーザの呼びかけに対し,一応"学習"して辞書に登録という行為を行なうらしい(この時点で無脳とは言えないのでは?)
    • ユーザが半角文字を使うとコード体系が違うから文字化けするだの,どうでも良い話ばかり
    • そんな話するならいっそ形態素解析とかの話とかしてくれた方が良かった
    • あとchatbotならマイクロまいこさんで十分だと思った

  • 実用Moose (仮)
    • オブジェクト指向フレームワーク
    • 型とかの宣言が楽
    • Interface/mix-inっぽい実装が可能
    • Mooseを使った実装例をいくつか紹介してた(HTTP::Engine,Nantoとか)
    • 全体的によくまとまっていたと思った.Mooseの特徴とユースケースをうまく伝えていたと思った

  • Hadoop Streaming で MapReduce
    • 最初の5分くらい聞き漏らしたの
    • どうやらGoogleのプログラミングモデル(非計算モデル)らしい
    • 発表者によると"大抵の計算モデルはMapReduceで解決できる"と豪語(ほんと?細胞の膜電位の偏微分方程式とか解けんの?)
    • 計算モデルとプログラミングモデルをごっちゃにして説明している気が・・・
    • よくわかんないけど,膨大な文書データのインデックスとか単語の出現頻度とかの解析に使っているみたい
    • Map関数で写像(wordの出現)を,Reduce関数で折り畳み(wordの出現頻度を畳むことで,カウントする)
    • 分散コンピューティングでreliabilityを獲得している
    • ただし具体的な回復方法を示されていないのでよくわかんない(多重化でもしてるんかな?)
    • 質問フェーズも独自にもうけており,プレゼン慣れしていることがよく判った.2つ質問したけど,回答も手際よかった.
    • どっちかというとGoogle File Systemの方に興味がある
    • http://labs.google.com/papers/mapreduce.html

あとのランニングトークはどれもばたばたしてて正直,内容はよく覚えていない.
全体を通して時間が押していたぶん質問フェーズがほとんどなかった.その後の懇親会に出ていれば,質問ができたのかもしれない.でもとても有意義だったと思う.交流はあんまり出来なかったけど,また参加したい.
comments