010010111010111011
11101011001110100101101
110100101000101110101
110100101101100110101101
010010111010111011

r423.jp

世の中,馬鹿ばっかりだとしか言い様がない - 2009/11/25(Wed) 17:14:55
keyword: junk

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hot/20091124_330515.html

引用
2年半にわたりTOP500の1位を占めた地球シミュレータは、NECのベクトル型スーパーコンピュータをベースとする。TOP500の1位となったことで、スーパーコンピュータベンダとしてのNECの名声は高まったし、技術は高く評価されたに違いないが、それがNECのビジネスにどれだけ貢献したかとなると、それはまた別の問題だ。

いったいこいつは何をいっているのだ?N社が90年代に受けたアメリカからのダンピング疑惑を知らずにこんな記事を書き散らしているのか?
当時NFSやらアメリカの研究機関に発注されていたんだ.でもアメリカ政府がダンピング疑惑をふっかけて,400%とか狂った税金をかましたから売れなくなったんだよ.
ほいで2002年にブッシュが規制緩和と同時期に地球シミュレータが世界一になったんだけど,商業的には遅きに失したんだ.別に地球シミュレータでN社の名声が広がった訳じゃない.地球シミュレータがトップを取ったときアメリカの研究機関では既にベクター型ではなくスカラー型のクラスタとかが席巻していて,もうNECが入り込む余地なんて無くなっていた.しかも地球シミュレータの構成は大変高額になってしまったから,ブッシュも規制緩和OKをだしただけ.

引用
京速計算機の予算が大幅削減、あるいは事実上の凍結となったことで、研究者からは日本の科学技術の将来を危惧する声が出ているという。それは当然のことだが、研究者が必要とするスーパーコンピュータが、なぜ独自開発のものでなければならないのか。それを明らかにできない限り、仕分け人を納得させるのは難しいだろう。スーパーコンピュータを使った科学研究の意義だけでなく、スーパーコンピュータを独自開発することの意義、あるいは必要性を明確にすることが求められている。

自国で開発する理由あんの?とかとんちきな事をいってるんだけど,スパコン技術は昔は弾道計算やら今だとシミュレーションで利用するための軍事技術でもあるから,例えばアメリカがその気になれば輸出規制とか言い出すことも可能(というより既にFXでやられている)な現状だ.つまり自国開発しなければいつでも閉め出される.
特に生命科学の分野においては物量投資時代に突入してしまった研究開発競争において,間違いなく負ける要因を持つ事になり,これは何を意味するのかというと,アメリカからのスパコン購入国に対してアメリカが割と強力な外交カードを得るという事を意味するんだけど,それでもまだ自国開発をやめてもいいとおっしゃる?

ちなみにオイルマネーに危機感を抱いている某地域の研究後進国のお金持ちさんは,自分で大学を作ってさらにスパコン導入に凄い興味を持っている.本当はスパコンにくっ付いてくる技術者+研究者なんだけど.アメリカ以外では売れそうになかったスパコンを世界中が買おうとしている.特にオイルな国とか支那とか.今まで冷や飯を喰わされ続けた日本のスパコン技術がようやく売れるかもしれない時代に突入しようとしているのに,この決断・・・.
近い将来に需要があり,企業への経済効果もあって,自国の研究開発にダイレクトに役に立つスパコン事業を殺してしまう人々は,日本を殺そうとしているとしか思えない.ネトウヨの言葉を借りれば売国奴.

それはともかく僕は就活をしないといけないかもしれん.
アメリカでもアジアでもなんでも良いかもしれん.でもさすがに中東はちょっとやだなぁ.

comments
マスター date : 2009/11/30(Mon) 13:22:55 JST

読まなくていいYO!駄文だから.

ES date : 2009/11/29(Sun) 11:37:15 JST

すまぬ、引用先の記事全文は読んでないYO!

マスター date : 2009/11/28(Sat) 22:04:41 JST

なんというか世も末感が漂っているのですが,僕としては事業仕分けの結果も嘆かわしく思うのと同時に,事業仕分けによって科学者が声明を出したりして大衆の理解を得るために努力をしているので,大衆のサイエンスリテラシーを向上させる良いきっかけになれば,と思っております.ただ2番じゃダメな理由を言えないなどあの茶番劇はお粗末にも程があるのですが.
だから京速プロジェクトについていろいろ議論が行なわれるのは大賛成.
でも,先のリンクの記事が許せない点は,N社が京速プロジェクト撤退とI社との提携を勝手に連想づけて,N社のスパコンが普及していなのはさも京速プロジェクトに責任があるとでも言いたげなミスリードをしている点です.
サイエンスな視点も無い上に,経営戦略的な視点でも見誤っている.

ES date : 2009/11/28(Sat) 18:03:44 JST

科学技術は政治に影響する主要因子、という認識がない人が多いんでしょうなぁ。それはそれで今は仕方がないのでしょう。でも説明責任の観点から、2つめの引用は素人さんの視点としてはまともではなかろうかと。既にいろんなところから「2番ではダメな理由」が言われていますが、省みると元クラリオンガールにちゃんと説明できなかった担当者がお粗末クンであったのであり…

とは言うものの、あえて説明しなかったのだとしたらそれはそれでなかなかの策士ではありますな。