010010111010111011
11101011001110100101101
110100101000101110101
110100101101100110101101
010010111010111011

r423.jp

public class AboutMe extends SenriAnimals implements Developer, Researcher {
    public void setBeer(Beer beer) {
        if ( beer instanceof Yebisu || beer instanceof Corona )
            this.setFine(true);
    }
    public void setJob(Job job) {
        throw new Error("404 Not Found.");
    }
    public int getCount() {
        return 001507 ;
    }
}
http on SELinux, CentOS7 - 2018/05/02(Wed) 15:10:31
keyword: computing

CentOS7とかいう古いコマンド群(オールドタイプ)を捨て去ったニュータイプ専用OSってあんじゃん?そのCentOS7の刷新されたコマンド群は置いておいて,httpdでユーザホームにpublic_htmlを公開してユーザWebページにしようとした場合,色々障壁があるので,まとめようと思ったんだけど,とりあえず備忘録です!

permission deniedが出てくるからあー権限かーと思ったらSELinuxのセキュリティコンテキストもちゃんと見るようになったので,

chcon -R -t httpd_sys_content_t /home/hogehoge/public_html

.....

comment:
  • none.
リフティングというよくわからない練習 - 2017/04/23(Sun) 10:31:12
keyword: soccer


サッカーの練習の一つにリフティングというものがある.ひたすらボールを上に上げ続けるアレね.
僕はサッカー経験者ではないので,リフティングにどんな意味があるのかわからない.わからないけどひたすらやってる息子.うん.まあ良いんだけど.父さん,それよりも算数とかの方が絶対に役に立つと思うんだ.
って思っているので,うちの研究室のサッカー経験者の学生に聞いてみた.リフティングって何の役に立つの?って.
そしたら意外な答えが.

.....

comment:
  • none.
H29年度入学 推薦入試(サッカー) 国立大学編 - 2017/02/16(Thu) 22:04:03
keyword: soccer

まあね,くどいよね.サッカーサッカーって.それにお前の息子はまだ小学1年なのに大学の推薦入試の話って,バカなの?氏ぬの?
うん.でもね.教育の一環としてサッカーを学ばせている以上は,先の見通しについても調べておかないとね.

それでサッカー技術が使えそうな推薦入試について調べてみた.それも国立大学.
公立大学とか私立大学を含めるともっと出てきそうなので,やめた.国立大学だけでもたぶんまだありそう.まあまとめた表を見てほしい.

.....

comment:
  • none.
厳しさなしに成長はなし、優しき道に先はなし - 2017/02/16(Thu) 12:28:52
keyword: family soccer

「厳しさなしに成長はなし、優しき道に先はなし」
とスパルタ教育の真理ついた事を6歳の息子がブツクサ唱えながらリフティング練習をしていて,こいつすげえな!てゆうか怖いな!悟るの早すぎ!とかビビっていたのですが,最近見たLEGO Ninjagoのヤン先生のセリフを真似ているだけでした.なお意味はわかっていない模様.

さて,今日も今日とて少年サッカーのお話だよー.今日は少年サッカーをやる上での未来の話なんだ.月謝を払ってサッカーの練習したり技術的な教えを頂いたり,つまり教育的観点で言うとこれは投資になるわけで,少なくとも教育的な観点からメリットがないと意味がないのね.
前にサッカーを習わせている理由を2つ述べたけど,実際,協調性とか達成感とか別にサッカーじゃなくていいだよね.僕もあまりサッカーに興味ないし.

.....

comment:
  • none.
少年サッカーは厳しい - 2017/02/02(Thu) 14:32:25
keyword: family soccer

僕の息子はサッカーをやっている.
親バカに近いがまあうまい.とてもうまい.彼は僕と違って運動神経がいい.正確に言うと足が速い.6歳で50mを10秒で走る.これはだいたい偏差値で言うと60くらいの身体能力.幼少期のサッカーをする上ではとてもアドバンテージになる.だけどもやはりサッカーが上手いというと別の話になるんだけど,ちょっと思うところがあってだらだらと書き連ねてみる.

たぶんサッカーっていうのは身体能力,技術,大局観の3つが備わって初めて上手いと言えるのだと思う.で,幼少期のサッカーが上手いというのは身体能力だけでそこそこ行く.でも身体能力だけではなく,いわゆるボールを脚で扱う技術も必要となる.大局観はその後の話.パスをどう出すとかオフ・ザ・ボールがどうたらとか,それは多分小学生も高学年になったら求められる能力だと思う.だから小学生以降のサッカーでは主に大局観が求められるし,そこをトレーニングする.大局観ってのは囲碁などボードゲームで使われる用語で,全体を見渡して現状の形勢が有利不利を判断する能力のことなのね.簡単に言うと判断能力.それは盤面全体を見る必要があるし,もっと言うと90分の中で流動的なゲームの形勢を読み取る力でもある.これは成長過程においてどちらかというと知性の問題だし,幼少期においてはトレーニングのしようがない.しようがないというよりゲームで主に培われるものだから,ここで言及してもしょうがない.どちらかというとサッカー小僧の保護者の立ち位置について述べたい.

.....

comment:
  • none.